内浦山県民の森Blog
Created in 0.0157 sec.
 
内浦山県民の森Blog
 
T:1292 Y:3866 Total:1670380 Online:01
Calendar
prev
2017.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
2017/6/5

モリアオガエルの卵塊(らんかい)とオタマジャクシ


林道沿いの防火用水のドラム缶にモリアオガエルの卵塊(らんかい)が計4つ。

その内の1つには、カラスがやったのか、直径3cm程の穴が開いていて、卵塊の外側はバリバリに乾いているというのに、中を覗くと小さな水の泡の中をオタマジャクシが泳いでいました。
P6030306
真ん中の白っぽいのがモリアオガエルの卵塊 上に穴が開いてしまっています

P6030307
穴から中を覗いたところ オタマジャクシが見えます


— posted by 内浦山県民の森 at 09:33 am   commentComment [0] 

2017/6/1

林道奥谷線 夜間通行止めのお知らせ


あちこちで、ホタルの発生の声を聞くようになりました。

林道奥谷(おくやつ)線沿いには「ヒメボタル」という体長7mm程の小さな陸棲のホタルがいます。
そのホタルは6月中旬から7月上旬頃、夜中をピークに飛翔・発光します。
この小さなホタルは、人工の光に弱く、非常に影響を受けます。
そこで、このヒメボタルを保護するため、6月1日~7月21日の間、午後5時から午前9時まで、林道奥谷線は車両通行止めになりますので、夜間、林道を通行予定の方はこの時間帯を避けてご利用ください。

— posted by 内浦山県民の森 at 04:43 pm   commentComment [0] 

2017/5/28

ハチ 5


5 コガタスズメバチ
 スズメバチの捕獲について前回紹介しましたが、このスズメバチの外見はオオスズメバチによく似ているが、若干小さく腹部の縞模様に注目すると2本目の黒い部分が他と比較して太く、軒下などに徳利型の巣を作っていたようなので、コガタスズメバチで間違いなさそうです。
 このコガタスズメバチは体長が22㎜から28㎜位で女王バチが30㎜くらいだそうです。5月の中頃から女王バチが1匹で徳利型の巣をつくり、働きバチが6月中旬に羽化して本格的な巣造りを始めると丸い巣になっていくようです。
巣の大きさは縦30㎝横25㎝位になるようで、幼虫のエサにハエやアブ、小型の甲虫やハチなどの虫を巣に持ち帰るようです。攻撃性はスズメバチとしては弱い方ですが、巣を揺らしたりすると攻撃してくるようです。
 被害を防ぐには、近くを飛んでいても手や道具を使って追いはらったりせず、巣を発見したら近づかないようにしましょう。また、駆除はする場合は専門業者に依頼することをお勧めします。

NONALNUM-57eo6ZuGX1A1MjMwMjEy-E


vespa0214


vespa020
初期女王バチが作る徳利型の巣

vespa021
後期の巣


— posted by 内浦山県民の森 at 01:01 pm   commentComment [0] 

2017/5/22

ハチ 4


4 スズメバチの捕獲
 夏に一歩一歩近づいて、日々暑さが増してきていますが、内浦山県民の森では巣造りを始めたであろうスズメバチを捕獲しました。今回は、3匹つかまえましたのでご覧ください。
なお、大変危険ですから皆さんは捕まえようなどと決してしないようお願いします。

s-sP5200142
1匹ずつ別の容器に


s-sP5200141
かなり怒っているようです

s-sP5200137
大きなアゴ(睨んでるのかな?)


— posted by 内浦山県民の森 at 03:50 pm   commentComment [0] 

2017/5/15

ハチ 3


3 怖いスズメバチ
 スズメバチといっても日本だけでも16種類のスズメバチがいるそうです。中でもオオスズメバチとキイロスズメバチは有名ですよね!この“スズメバチ”大変攻撃的で毎年ニュースや報道バラエティー番組でも取り上げられることから、皆さんもよくご存じではないでしょうか。
 オオスズメバチは体長4cm位と見た目からして大きく、激しい羽音とともに周りを飛んでいたら怖いですよね。体は黄色と黒の縞模様で工事現場の危険標示がまさにそれといった感じです。
 キイロスズメバチは体長2cm前後で大きいものは3cm位になります。体の色は黄色と黒の縞模様は同じですが、黄色が多く全体が黄色い感じでしょうか。大きさからして違いは一目でわかると思います。
 スズメバチの毒性はかなり強く、ミツバチと違い何度でも刺すことができるので、特に注意が必要です。刺された後の痛みも強く、熱を持って腫れあがりますし、数十か所も一度に刺されると命の危険もあります。また、ショック症状(アナフィラキシーショック)により命を落とすケースもあるとのこと、過去にスズメバチに刺されたことのある方は要注意、もう一度刺された時に免疫が過剰に反応して起こるとのことですので、特に注意しましょう。このスズメバチ、刺すことができなくても、毒液を吹きかけることがありますので、目や口に入らないよう注意が必要です。一番良い対策は巣に近寄らない、近くを飛んでいても刺激しないことが最善と思います。

yjimageKOQC2QNB-2
オオスズメバチ

s-kiiro
キイロスズメバチ


— posted by 内浦山県民の森 at 12:16 pm   commentComment [0] 

Copyright 2006 内浦山県民の森Blog. All rights reserved.