内浦山県民の森Blog
Created in 0.0248 sec.
 
内浦山県民の森Blog
 
T:329 Y:761 Total:380391 Online:01
Calendar
prev
2018.11
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
2017/6/15

ハチ 8


8 西洋ミツバチ
 西洋ミツバチは養蜂に適しており野生化することはないようですので、日本の養蜂の主流であり、集密力は日本ミツバチの5〜6倍程度だそうです。行動範囲も広く群れの蜂数が2万から4万程度だそうですから、集密量も多く、人口の巣を使用することで年間数回の採蜜が可能です。
西洋ミツバチの体長は働き蜂で12㎜から14㎜程で体の色は黄色っぽく、日本ミツバチと比べると胴体の縞模様はお尻の方が黒い部分が広く、胸の近くになると縞模様の幅が狭くなっています。性格は攻撃的と言われ、スズメバチとの戦闘では1対1で対決するので、数時間で1群が全滅してしまうこともあるそうです。
西洋ミツバチは日本ミツバチのように、熱殺や危険な巣を捨てて新たな巣を設けるような戦術を学ぶとよいのにね。

yjimageZABBM1SN



— posted by 内浦山県民の森 at 01:36 pm   commentComment [0] 

2017/6/14

麻綿原のアジサイの開花状況


林道奥谷線を上がっていくと大多喜町へと入ります。
上がった先では妙法生寺(みょうほうしょうじ)のアジサイが出迎えてくれます。
花の一番の見頃は7月の上旬から中旬。ふもとのアジサイの1ヵ月遅れでの開花となります。

ごくごく一部、淡い紫色になったものもありますが、全体には緑色。
見頃はしばらく先の様です。
P6090336


P6090335
全体にこんな感じです

P6150491
この辺りでは、この一株だけ色がついていました


— posted by 内浦山県民の森 at 05:56 pm   commentComment [0] 

2017/6/12

「『藍染め』に挑戦」終了しました


6月11日、催し物「『藍染め』に挑戦」を実施しました。
リピーターさんがほとんどですが、今回は大判のストールを使い、布の大きさはこれまでで一番です。
藍なので、模様に悩んだようですが、出来上がってみれば、どれも個性的な作品が出来あがっていました。
中にはグラデーション仕様に挑戦された、初参加の方など、皆さん真剣に取り組んでいました。
s-P6110436
藍の染料に浸してから空気に触れさせると、緑色から藍色へと色が変化していきます

s-DSC_0086
完成です!予想以上の模様が出来あがったようです。

s-P6110440
素材は一緒でも、出来上がりは全然違ったイメージの作品が出そろいました


— posted by 内浦山県民の森 at 06:00 pm   commentComment [0] 

 
2017/6/12

ハチ 7


7 日本ミツバチ
 図鑑やネットで調べてみるとミツバチの現生種は世界に9種が知られ、とくにセイヨウミツバチは全世界で養蜂に用いられており24の亜種が知られていとのこと。日本では西洋ミツバチが主に養蜂に用いられていますが日本ミツバチを用いることもあります。日本ミツバチは、在来種で野生のミツバチです。体の全体の色は黒っぽく西洋ミツバチより一回り小さく働き蜂の体長は10㎜から13㎜程度で、おとなしい性格です。スズメバチに襲われた場合は集団で敵を包み込み、熱殺するのだそうですが、集団での攻撃や何日も巣の前に居座られたりした場合には、巣を捨ててしまうそうです。熱殺とは、1匹スズメバチの動きを封じ、集団で囲んで蜂球を作り花や体を激しくゆすり摩擦熱で内部を温めると、48℃程度まで上昇するのでこの熱でスズメバチを殺すことだそうです。
 日本ミツバチが一生のうちに採蜜できる量は小さいスプーン1杯程度と言われており、群れの蜂数が数千〜2万程度だそうです。また、行動半径も小さいため蜜の量も少なく、1年に1度しか採蜜することができないので、大変貴重な蜜と言われています。
 日本ミツバチの養蜂は野生のハチを捕まえて行いますが、巣が気に入らないと出て行ってしまうなど、難しい点があるそうです。採蜜はミツバチが作った巣を壊して採取する方法が一般的で、西洋ミツバチのように人口の巣を使用して採蜜することは稀だそうです。


yjimage3GTH7C16



— posted by 内浦山県民の森 at 03:08 pm   commentComment [0] 

2017/6/10

ハチ 6


6 アシナガバチ
アシナガバチの性質は比較的おとなしいので、巣を強く刺激したりハチを攻撃しなければまず刺してはこないようです。刺される原因は子供などが巣を刺激して起こるケースと、細い筒状の隙間に入り込む習性があるので、洗濯物等に紛れ込んでいるアシナガバチに気づかず攻撃されたと感じて反撃され刺されたりするケースなどが主な原因のようです。基本的に温和なので近くに来ても刺したりすることはあまりないようです。飛んでいるだけなら心配は無用。スズメバチのように好戦的ではないので手で払ったとしても襲うのは稀だそうです。毒はスズメバチに比べれば弱いようですが、アナフィラキシーショックを起こすこともあるので、過去に刺されたことがある人は注意が必要で、もう一度刺された時に免疫が過剰に反応して起こるようですので、特に注意しましょう。
yjimageYQKM69P4



— posted by 内浦山県民の森 at 01:52 pm   commentComment [0] 

Copyright 2006 内浦山県民の森Blog. All rights reserved.