内浦山県民の森Blog
Created in 0.0137 sec.
 
内浦山県民の森Blog
 
T:119 Y:321 Total:339175 Online:02
Calendar
prev
2018.3
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
2018/3/8

森林セラピー


5 森林セラピー「五感を使って」【嗅ぐ】
「五感を使って」の第三弾、森には土や樹木、草花の匂いなど様々な香りがあります。香りが脳に働きかける作用は直接的で大きいものです。
特徴的なスギやヒバといった木の香りは血圧や脳の活動を鎮静化させ、怒りや緊張などを緩和させる効果があります。
また、大きく深呼吸することで、森林にたくさん放出されているフィトンチッドを取り入れることができます。
(フィトンチッド=樹木から放散されて周囲の微生物などを殺すはたらきをもつ物質。1928年にソ連のトーキンが提唱したもので、樹木の香気成分であるテルペン類がこれに相当すると考えられており、森林浴の効用の源とされています。)
引 用 「森林セラピー総合サイト(http://www.fo-society.jp/Link )」
「森林セラピーは特定非営利活動法人森林セラピーソサエティの登録商標です」


— posted by 内浦山県民の森 at 10:04 am   commentComment [0] 

Copyright 2006 内浦山県民の森Blog. All rights reserved.