内浦山県民の森Blog
Created in 0.0117 sec.
 
内浦山県民の森Blog
 
T:424 Y:761 Total:380486 Online:03
Calendar
prev
2013.2
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 
2013/2/15

「清澄八山をめぐる」無事終了しました


2月14日・15日の「清澄八山をめぐる」のハイキングが終了しました。

 清澄寺のHPには『清澄寺は多くの山に取り囲まれており、その中の八つの山には摩尼山・寶珠山・如意山・露地山・金剛山・鷄莽山・獨鈷山・富士山とそれぞれ名前が付いています。これら八山で蓮華八葉の浄土を表しており、天台宗時代にはこれらの山を巡り、回峰修行が行われていたようです。』とあります。
 この八山を歩きたい!というご要望と、これだけの資源をご紹介できたら!と思いで、数年前から計画し、ようやく実施に至りました。1日では全部を回りきれないので、2日に分けて歩きました。

14日は、『魔尼山⇒宝珠山⇒金剛山⇒富士山⇒露地山⇒如意山⇒独鈷山』を歩きました。一山ごとに登っては下るの繰り返しの為、歩行距離は約8km程にもかかわらず、結構ハードな行程でした。しかしながら、山のいくつかは普段入る事のできない山だったり、山頂に室町時代の石造物があったりと、見応え十分な山登りでした。
NONALNUM-MjUuMi4xNSgxKQ-E
歩く前に、皆で清澄寺にお参りしました


 15日は、残る一山『鷄莽山』と、硯石、烏帽子山経由+高天神を計画していましたが、昼前から小雨となったため、最後の高天神は中止して実地しました。行程は、最初に一気に上ってしまうと、後は尾根道歩き(とは言いながら、両手・両足を使っての上りや下りもそこそこあり、危険箇所では十分注意しながらの歩み)が多く、全体としてはやや上りです。変化のある楽しい山歩きとなりました。
NONALNUM-MjUuMi4xNSgxMCk-E
尾根道は、木々の根が迷路のように浮き出ています

NONALNUM-MjUuMi4xNC4xNSgyKQ-E
15日のコース 硯石の前後では、大きな露岩があちこちで見られます

NONALNUM-MjUuMi4xNSg5KQ-E
歩きやすい尾根道も多い


 今回の実施に至るまで、本当にいろいろな方々のご協力をいただき、こうして実施することができました。心より感謝申し上げます。
 今後も、森の楽しさをお伝えできるよう、様々な企画をしていきますので、ぜひご参加ください。皆様のお越しをお待ちしております。


— posted by 内浦山県民の森 at 06:49 pm   commentComment [1] 

Copyright 2006 内浦山県民の森Blog. All rights reserved.