内浦山県民の森Blog
Created in 0.0182 sec.
 
内浦山県民の森Blog
 
T:3087 Y:1232 Total:1789136 Online:39
Calendar
prev
2008.11
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
2008/11/15

秋の森 木の実いろいろ


IMG_6939
イズセンリョウ(暖地の山地に生える常緑低木)

IMG_6938
シキミ(暖地の山地に生えます。樹皮や葉は線香や抹香に使います。実は猛毒です!

IMG_6979
アカガシのドングリと殻斗 ドングリがぷっくり











この季節の森を歩くと、いろんな木の実や草の実を見かけます。


ぷっくりと丸いアカガシのドングリ、形の面白いシキミの実、クリーム色の実をつけたイズセンリョウ、他にもキブシやモミジの仲間、ツバキ、サザンカ、ケヤキ、ホオ、カキ、イイギリなど数え切れません。   

これからの季節、紅葉と合わせてお楽しみいただけます。

— posted by admin at 11:54 am   commentComment [0] 

 
2008/11/15

ヒラタケこんなにたくさん!


IMG_6983
栽培場所

IMG_6990
たくさん出ています

IMG_6987
ほだ木のてっぺんにも

IMG_6989
始めは小さかったんですよ

IMG_6986
ここにもこんなに出てきています






















内浦山県民の森では、これまで毎年2月頃に「シイタケ」と「ナメコ」のほだ木作りのイベントを行ってきました。


写真は昨年試験的にやってみたヒラタケの今朝の様子です。
1週間程前から、小さなキノコがびっしりと出始めていたのですが、立派に成長し、こんなにふっくらと大きなヒラタケとなりました。

炒めても、煮ても、焼いてもおいしいそう。

— posted by admin at 11:45 am   commentComment [0] 

Copyright 2006 内浦山県民の森Blog. All rights reserved.