内浦山県民の森Blog
Created in 0.0207 sec.
 
内浦山県民の森Blog
 
T:1283 Y:3866 Total:1670371 Online:01
Calendar
prev
2017.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
2017/8/16

催事「夏休みネイチャークラフト教室」


8月1日~31日に実施している催事です。
県民の森やその周辺で拾った木の実を使った工作体験で、①板 ②リース ③ミニスタンド の3コースをご提供しています。
その内の③のミニスタンドは、今年始めたもので、ツバキの切った丸い板とモミジの枝を使って作ります。
今日は「せせらぎ」に宿泊されたお客様が参加してくださいました。

それぞれに表情が異なり、楽しい作品が完成しました。
s-08161


s-08162


s-IMG_0757



— posted by 内浦山県民の森 at 01:36 pm   commentComment [0] 

2017/8/1

「星空観望会」終了しました


7月30日(日)の夜、内浦山県民の森の芝生広場と会議室にて「星空観望会」を実施しました。
P7300152


P7300145
デジカメで望遠鏡を通して月を撮影 クレーターまではっきりと見えます

P7300158
真ん中に見えるのが月、この後、残念ながら、雲で隠れてしまいました

この日は、望遠鏡で「月」と「土星」を見たかったのですが、「月」を見終わったところで、雲が空を覆ってしまい、室内での映像を見ながらの活動になりました。

映像では、この時期に見る事ができる夜空の星々や星座のほか、人工衛星や流れ星のお話しに始まり、星座や太陽や宇宙の大きさなどのクイズなどもあり、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
クイズでの高得点者には、講師の浦辺先生が撮影した夜空のポストカードのプレゼントもあり、皆さん楽しい時間を過ごして頂けたようです。

— posted by 内浦山県民の森 at 03:33 pm   commentComment [0] 

2017/7/31

「夏休みこども自然教室」終了しました


夏休み7月の最終日曜日、「夏休みこども自然教室」を実施しました。
春には、たくさんの野鳥の鳴き声が聞こえていた森も、今はセミの鳴き声でいっぱいです。
ヒメハルゼミを筆頭に、6月下旬から鳴き始めたセミ達ですが、今は、「ヒメハルゼミ」「ニイニイゼミ」「アブラゼミ」「ヒグラシ」「ツクツクボウシ」の5種類のセミが鳴き声が聞こえてきます。
自然教室では、セミの抜け殻を探しました。
一番多く見られたのは「アブラゼミ」、次は泥んこが特徴的な「ニイニイゼミ」、この森で一番先に鳴き始め、体の小さな「ヒメハルゼミ」の抜け殻を見つけました。
P7300128

<
img src="PIX/1501482070_P7300121.jpg" alt="44.9:320:240:0:0:P7300121:none:1:1::0:"/>
P7250148
ヒメハルゼミの抜け殻

この他にも「アオスジアゲハ」や「タマムシ」、「ムラサキシジミ」に「モンキアゲハ」なども見つけ、参加者全員で楽しみました。

— posted by 内浦山県民の森 at 03:21 pm   commentComment [0] 

2017/7/18

セミの抜け殻


間もなく世間は夏休み。
市内の海水浴場も7月15日に海開きとなり、いよいよ夏本番というところでしょうか。

森の様子はと言うと、朝からセミの鳴き声が賑やかです。
今、鳴いているのはヒメハルゼミ、ニイニイゼミ、そして昨日辺りからヒグラシが鳴いています。
今年は6月22日に初めてヒメハルゼミの鳴き声を聞きました。事務所で聞いたので、森のどこかでは、もっと早く鳴いていたかもしれません。
ニイニイゼミは7月4日に鳴き声を聞いて、抜け殻を探しました。
セミが鳴いている姿を見るのは、なかなか難しいですが、抜け殻は大体同じような場所で見つかるので比較的容易に見つかります。
s-P7170102
ヒメハルゼミの抜け殻

s-P7140107
どろんこが特徴のニイニイゼミの抜け殻


— posted by 内浦山県民の森 at 10:11 am   commentComment [0] 

2017/7/12

麻綿原(妙法生寺)のアジサイの開花状況


妙法生寺さんのアジサイは、ちょうど見頃となっています。
NONALNUM-cy0wNzEwKDIp-E


NONALNUM-cy0wNzEwKDQp-E


NONALNUM-cy0wNzEwKDgp-E



水色の部分は、装飾花と呼ばれている部分で、実際の花は次の写真にある真ん中の部分です。小さな小さな雄しべと雌しべが見えます。これまでは蕾でしか見る事が出来ませんでしたが、ここ数日でようやく開花となりました。
NONALNUM-cy0wNzEwKDcp-E


NONALNUM-cy0wNzEwKDExKQ-E



— posted by 内浦山県民の森 at 04:51 pm   commentComment [0] 

Copyright 2006 内浦山県民の森Blog. All rights reserved.