内浦山県民の森Blog
Created in 0.0194 sec.
 
内浦山県民の森Blog
 
T:161 Y:666 Total:299143 Online:01
Calendar
prev
2013.8
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
2013/8/15

夏の森の様子


今年の夏も暑いですね。
夏の森ではいろいろな生き物を見る機会があります。
何気なく歩いて通り過ぎる芝生広場ではショウリョウバッタが、そばの木にはハラビロカマキリやオオカマキリ、セミの仲間がいたり、ヤンマの仲間やキチョウやモンキアゲハなど、飛ぶ虫達にも出会うことがあるでしょう。

85
芝生広場にはたくさんのショウリョウバッタが隠れています

NONALNUM-OC41KDYp-E
手前の地面にあるのは、シカのフン

NONALNUM-OC4xOCgxKQ-E
アブラゼミとその抜け殻を見つけた家族、手を伸ばして取ろうとしますが・・・

IMG_5316
森の中では、こんな場面にも遭遇してしまう事も


— posted by 内浦山県民の森 at 04:45 pm   commentComment [0] 

2013/8/1

セミの羽化


s-IMG_5245
このセミ知っている?そう、アブラゼミ

s-IMG_5261
地面にこんな穴がたくさん開いていて、地中で暮らしていたセミはサナギの形でこの穴から出て来るんだよ。実際に見ると、セミの抜け殻が歩いている?!ようで、不思議な様子が見られます。

s-IMG_5255
穴から出てきて、しっかりと留まる所を見つけたら、そのうちにサナギの背中が開いて、写真で見えるような、淡い白とエメラルドグリーンの色をしたアブラゼミが出てきたよ!

s-IMG_5263
一つ前の写真を撮ってから10分後、羽の部分が開いてきたのがわかるかな?

s-IMG_5269
さらに10分後、羽がしっかりと伸びたよ

s-IMG_5275
また少し経つと、羽が体にしっかりと引き寄せられ、シャープになってきました

s-IMG_5277
日も暮れてきて、これが最後の写真です。羽が透けてきて、体の部分も茶色になってきました。


セミにとって、羽化の時はとても危険な状態にあります。手順通りに行かなかったり、途中でアリやネコなどの被害に遭うことも多く、また、この途中に落下したり、人間がさわったり場所を動かしたりすると、死んでしまうことも多いのです。なので、この瞬間に出会うことができたら、さわらないで、そっと見守ってやってください。

— posted by 内浦山県民の森 at 07:38 pm   commentComment [0] 

Copyright 2006 内浦山県民の森Blog. All rights reserved.